転妻ナースの備忘録。

転勤族の妻×ママナース×ときどきママライター=わたし。

ママーナース的 こどもを感染症から守るコツ

こんにちは☺︎

 

関東育ちの私には暖かく感じられる静岡の冬ですが、今日は風が冷たくて寒く感じました〜!

 

それでも周りの方々がマフラーやコートを羽織る中、私は七分袖にカーディガンという軽装でした笑

 

✳︎

 

これからの時期、保育園や幼稚園で風邪をもらってくることが多いですよね〜。

 

わが家も保育園に通い出した頃はしょっちゅうでした!

 

ある程度大きくなると免疫力も高まってきて風邪を引きづらくはなりますが、わが家では気を付けていることがいくつかあります。

 

 

・外から帰って来たらすぐ着替えさせる(汚れ具合と時間によってはそのまま風呂直行)

 

わが家は手洗いうがいと同時に着替えます。

 

そして時間が遅い時はそのままお風呂へ直行!

 

洋服にもかなーりウイルスとか付着してますからね。

 

特に小児科行った帰りなんかは即!です。

 

 

・食事に気をつける(ちょっとだけ)

 

子どもって自分の食べたいもの=身体の欲してるものが本能的に分かっていると私は考えます。

 

うちの子の場合、体調が悪いときは味噌汁をがぶ飲みするんですよ〜

 

なので栄養バランスを考えて食べさせたくても、なかなかそうはいかないこと多いんですよね。

 

食養とかも勉強しましたけどズボラな私には徹底的にやるのは無理だったので、とにかく腸を冷やさないように心がけてます。

 

具体的には糖分の取りすぎを控え、冷たいものを摂取しないようにしています。

 

発熱したときもイオン飲料やゼリーなどの甘いものはあげません。

 

糖分や添加物がすごいですからね…なかなか咳や鼻水が止まらなかったりします。

(わが家は経験済み!)

 

ただしこれ、嘔吐や下痢で飲食できない状態ならば話は別です!

 

脱水起こしてしまいますからね、むしろそうなったら病院で点滴してもらいましょう。

 

 

・むやみやたらに病院に行かない

 

小児科にかかったことのある親御さんならご存知の通り、小児科ってウイルスの温床です…

 

予防接種をしに行ったら別の感染症をもらってきた、なんて人も少なくないはず!

 

子供の医療費を無償化している自治体が増えてきて、鼻水や咳が出たらすぐに病院に行くお母さんも多いかと思いますが、そもそも行く機会を減らした方が無難だと思います。

 

もちろん子供が辛そうで、お薬で早く治してあげた方が良さそうならば行くべきですが、本人が元気で飲食出来ていれば様子を見てもいいと思います。

 

その代わり家でできること(わが家なら精油を使ったり、食事に気をつけたり…)をしっかりやる。

 

ワーママの身からすれば早めにお薬飲ませて長引かないようにしたいという気持ちは超わかります!

 

でもここで不要な薬を使ってしまうと子供の免疫獲得の機会を逃しますし、薬によって腸内環境が乱れることで結果長引いたりしますよ。

(これもわが家、経験済み!)

 

 

子どもに使う薬やワクチンのことについて、分かりやすくて読みやすい本があります。

 

f:id:kaorin-48:20171125065125j:image

 

薬反対!ワクチン不要!みたいな極論じゃないので個人的には読みやすかったです。

 

ちなみに…この本を購入しようとした時にたまたまこの本の著者を批判しているブログを見つけたので読んでみたんですが、とあるネットの一記事を読んだだけで大批判を展開しててビックリ。

 

せめてちゃんと本を読んでからにすればいいのに〜と思いつつ、ネット社会の現代ではどの情報を信じるかは自分で慎重に選ばなければならないなと改めて思ったのでした。

 

✳︎

 

子どもがいると感染症一家全滅!なんてことが多々起こりうるこの時期。

 

パパさん、ママさん、負けずに頑張りましょう〜!!!

 

 

 

 

※記事の掲載内容は個人的な見解です※