転妻ナースの備忘録。

転勤族の妻×ママナース×ときどきママライター=わたし。

経産婦はお産が楽、は本当なのか?

40週4日で無事に第二子を出産しました☺︎

 

f:id:kaorin-48:20170911114431j:image

 

陣痛が来てから4時間半で病院へ行き、そこから5時間で生まれました。

 

息子の時は陣痛〜出産までが約20時間かかり、陣痛促進剤を使用&吸引分娩だったので、産後の体は今回の方がかなり楽です!

(吸引分娩だと大きく会陰切開するので、産後かなり痛い)

 

単純に経産婦だからというのもあるとは思いますが、私的に安産に繋がったと思うことを振り返ってみました。

 

★☆★

 

お産のイメージトレーニングをする

 

第一子出産の時にいきみ方が下手で怒られた私。

 

今思えば微弱陣痛のために上手くいきめなかったのもあったと思いますが、陣痛maxのときに『バーを引いて!腰を反らないで!』

とか言われても頭に入らないんですよ…

 

なので今回は出産前に産院からもらったテキストに載ってた方法を参考にイメトレしました。

 

私的に大切だと思ったのは、痛みから逃げようと思わない・痛くても目を閉じない・呼吸は吸うより吐くことを意識する!

 

初産のときにこれらを知っていたらもう少し楽だったかな〜と思いました。

 

 

過度に安静にし過ぎない

 

早産の傾向がなく37週を過ぎたら体調を見ながらガシガシ動いた方がいいと思います。

 

お産はとにかく体力勝負!

普段の自分から10kgも重くなって筋力も落ちた身体のままではヘロヘロになります。

 

臨月に入ると動くのも億劫だし、周りからも心配されて『ゆっくりしてなさい』と言われたりするのですが、私は初産のときこれが逆効果だったのかな〜と思いました。

 

 

体重管理(というよりムクミ管理)

 

第一子のときも第二子のときも、体重増加は10kgなのに写真を見ると明らかに体つきが違います。

 

体脂肪を測ってないのでなんとも言えませんが、息子の時の方がムクミが酷く、産後もパンパンなままでした。

 

今回は適度に運動したり塩分に気を付けたり(水分は制限しない)、アロマオイルを使ってセルフケアしていたおかげかムクミは酷くありません。

 

ムクミが酷いと動くのも億劫だし、また過度に運動するとさらに浮腫むため思うように動けなくなります。

またお世話になっていた産院の先生も『妊娠後期は目に見えないところ(体内)もどうしても浮腫んでくるから、体重管理に気を付けて。難産に繋がるよ。』と言っていました。

 

★☆★

 

今回はとっても素敵な助産師さんが担当だったこともあって、一人でもお産を乗り切ることができたと思います。

 

入院生活もあと少し。

 

家に帰ったら慌ただしくなりそうなので、今のうちにゆっくりしたいと思います☺︎