転妻ナースの備忘録。

転勤族の妻×ママナース×ときどきママライター=わたし。

転妻ナースの病院選び

再就職して1カ月。

訳あってまた職場が替わる予定の私ですが(ちなみにポジティブな理由です)、今回の経験から転職について思うことを書いてみようと思います。


新しい職場をどう選ぶ?

転職や再就職ってものすごくエネルギーのいる作業ですよね。

長く働ける職場を選びたいものですが、やっぱり合う合わないは働いてみなきゃわかんない!

同じ看護職とはいえ病院や地域によって色々と違う部分も多いですからね~

ちなみに私の思う病院選びのポイントは以下の通りです。


①転職会社を上手く利用する

新しい土地ではどんな病院があるのかもわからないので、手っ取り早く情報収集するために使います。

対応は会社や担当によりけりなので数社登録しておくと便利かもしれません。

ただわざわざ転職会社を利用するということは、よっぽど人不足優秀な人材が欲しいかだと思うのでその辺りは自分で見極めなければなりませんね。


②自分の職歴をふり返る

大都市圏に勤めていた人が地方へ、大学病院に勤めていた人が民間の病院へ転職するなど、環境が大きく変わる場合には特に慎重に職場探しをすべきだと思います。

そして職歴を振り返りながら自分のやりたいことや、絶対に譲れないものを明確にしておきましょう。


③見学には必ず行く

これ絶対です!

実際に見に行ったり話を聞いてみて、自分の譲れない部分と照らし合わせるんです。

出来れば配属される予定の病棟もしっかり見せてもらって下さい。


④転職会社の話を鵜呑みにせず、自分でも情報収集する

その地域に知り合いがいれば聞くもよし、ネットでリサーチするもよし。

複数の転職会社に登録した場合は、各社からリサーチするとまた違った情報が得られるかもしれません。

働いている人でなくても、意外と受診したり入院したことがある人から情報が得られる場合もあります。



【合わなかったら辞めてしまえ!】

ものすごーく慎重に選んだとしても、やっぱり入ってみなきゃわからないものです。

それに家事育児と仕事の両立を実家のサポートなしにする…って本当に大変なことですから、やりたいだけじゃ仕事を選べないのもまた事実。

このあたりの折り合いを付けるのが本当に大変です。

でも最悪、嫌なら辞めてしまえ!と私は思ってます(笑)

慣れない土地の合わない職場で神経をすり減らし、その土地で暮らすことが辛くなってしまうぐらいなら、しばらくナース辞めてもいいと思います。

日雇いや短期のバイトで繋いでもいいですしね。

ワークキャリアなんて言葉を気にして無理に職歴を繋ぐより、時には「今は働くときではない」と割りきって転妻・ママである自分のライフキャリアに力を入れたらいいのではないでしょうか。

看護する上でも絶対に糧になります。



職場選びは慎重に。
でも入ってみないとわからないことも多いから失敗しても落ち込むことはない!