転妻ナースの備忘録。

転勤族の妻×ママナース×ときどきママライター=わたし。

地獄の授乳タイムを乗り越えて完母になるまでに実践した4つのこと

息子が赤ちゃんの頃、授乳時間が苦痛で仕方ありませんでした。

 

まだ上手く母乳を飲めない息子。

上手く飲ませられない私。

 

毎日おっぱいの痛みに歯を食いしばって、涙流しながら地団駄ふんで母乳あげてました…

 

そんな私の母乳育児が軌道に乗ったのは、息子が生後3カ月くらいの時だったように思います。

 

出産した産院は《母乳育児推進》というわりにスタッフによって毎回言うことも違うし、飲まなければすぐミルクを足すし、母子同室は出来ないし、今思えば???な対応が多かったです。

 

なので産院で指導されたことはほぼ無視して、自力で色々と情報収集して試行錯誤しました。

 

私がやってよかったな〜と思ったことは以下の通り。

 

 

  • 正しい授乳の仕方とセルフケアの方法を身に付ける

 

息子の時は、近所にある桶谷式の助産院にお世話になりました。

 

そこでおっぱいのケア(乳管開通のマッサージ)と飲ませ方の指導をしてもらいました。

 

おかげで入院中は数グラムだった母乳も徐々に増えていきました。

 

今回は助産院には通わず、こちらのサイトを参考にマッサージしています。

 

 

  • おっぱいのトラブルを放置しない

 

授乳をはじめて間もない頃は、おっぱいが切れたり血豆が出来たり…トラブルが絶えませんでした。

 

痛くて痛くて辛いときは思い切って直接授乳はお休みし、ミルクにしたり搾乳したりしていました。

 

このとき気をつけた方が良いこと。

  1. ミルクを足しすぎない
  2. 哺乳瓶は母乳実感のものを使う
  3. ミルクを飲ませるときも搾乳はする

 

ミルクの足し方や搾乳の仕方について、参考にさせて頂いたのが以下の二つのサイト。

 

★魔法のおっぱい★

https://plaza.rakuten.co.jp/yokubarimama/pagelist/

 

★最強母乳外来★

 

ブログ作者の方に直接お礼を言いに行きたいぐらい、ほんっとうにお世話になったサイトです。(勝手に紹介してすみません…)

ぜひ読んでみてください☺︎

 

母乳実感の乳首は母乳を飲むのに近い状態で哺乳できるそうです。

 

f:id:kaorin-48:20170924202415j:image

 

おっぱいトラブルのケアはこちらを使用。

 f:id:kaorin-48:20170924202431j:image

f:id:kaorin-48:20170924202433j:image

(画像はHPからお借りしました)

 

ベビバーユは乾燥しているときに使い、深めの亀裂が出来てしまったときはランシノーを使用していました。

ランシノーの方が固めで、ふやけていつまでも傷が治らない時にオススメです☺︎

 

  • 身体を冷やさない

 

身体が冷えると血液循環が悪くなり、母乳の出も悪くなります。

 

常温〜温かい飲み物を飲むなど、身体を冷やさないことが大切です。

 

 

  • 身体の凝りをとる

 

身体が凝り固まると血液循環が悪くなり、これまた母乳の出が悪くなります。

 

私は助産師さんに教わって特に上半身を動かすストレッチをしていました。

 

深く呼吸しながら首や肩、手首を回すだけでもだいぶスッキリしますよ。

 

★☆★

 

母乳育児に悩むどなたかの参考になればうれしいです☺︎

今日も夜中の授乳頑張りましょう〜!

母乳育児が辛いお母さんたちへ

退院して1週間が経ちました☺︎

 

今のところよく飲みよく寝てくれる娘。

授乳間隔も2時間〜4時間おきなのでとっても楽です。

 

息子のときは1時間〜2時間おきに授乳で、布団におけば泣くので抱っこしたまま寝たりしてました。

母乳育児にも苦戦して、入院中から軌道に乗ったかな?と思う生後3カ月くらいまではあんまり記憶がありません。

 

母乳育児にこだわってはいませんでしたが、まさかこんなに辛いなんて聞いてないよ!!!って思いましたね…

 

産院の退院指導で一緒になった初産婦さんと話していたら同じことを言ってました。

 

 

☆★☆

 

今もし母乳育児が辛くて仕方なくて、歯を食いしばって涙流しながら授乳してる人がいたらこう言ってあげたいです。

 

大丈夫!

ミルクでも赤ちゃんは育つから!!

 

ミルクで育てたいって人はもちろんのこと、

母乳育児したい人も、出来れば母乳がいいかな〜って人も、肩肘張らずに辛いときはミルクや哺乳瓶に頼ったらいいと思います。

 

大切なのはママも赤ちゃんも笑顔でいられること。

 

息子が赤ちゃんの時、私は毎日ピリピリしてました。

 

ホルモンバランスのせいもあったのかもしれませんが、ものすごくピリピリして家族に当り散らしたり、まだなーんにも分からない息子に『なんで寝てくれないの!なんで母乳飲んでくれないの!』と怒ったり。

 

本当に可哀想なことをしたと思いますが、とにかく余裕がなかったんですね。

 

そんなに余裕を無くして可愛いわが子にイラつくくらいならミルクにすりゃいいじゃん、って今なら思います。

 

★☆★

 

結局息子は1歳1ヶ月で断乳するまで完母で育ちました。

 

まさか母乳だけで育てられるとは、新生児の頃には想像がつかなかったです。

 

おっぱいの痛みに地団駄ふみながら地獄のような授乳タイムを送っていた私が、母乳育児のために実践したことはまた改めて書きたいと思います☺︎

 

一人でも多くのお母さんが、笑顔で子育て出来ますように。

 

 

 

f:id:kaorin-48:20170918102756j:image

産前に息子と行った動物園でみたコアラ。

全員お昼寝中で可愛かったです〜癒される♬

 

 

経産婦はお産が楽、は本当なのか?

40週4日で無事に第二子を出産しました☺︎

 

f:id:kaorin-48:20170911114431j:image

 

陣痛が来てから4時間半で病院へ行き、そこから5時間で生まれました。

 

息子の時は陣痛〜出産までが約20時間かかり、陣痛促進剤を使用&吸引分娩だったので、産後の体は今回の方がかなり楽です!

(吸引分娩だと大きく会陰切開するので、産後かなり痛い)

 

単純に経産婦だからというのもあるとは思いますが、私的に安産に繋がったと思うことを振り返ってみました。

 

★☆★

 

お産のイメージトレーニングをする

 

第一子出産の時にいきみ方が下手で怒られた私。

 

今思えば微弱陣痛のために上手くいきめなかったのもあったと思いますが、陣痛maxのときに『バーを引いて!腰を反らないで!』

とか言われても頭に入らないんですよ…

 

なので今回は出産前に産院からもらったテキストに載ってた方法を参考にイメトレしました。

 

私的に大切だと思ったのは、痛みから逃げようと思わない・痛くても目を閉じない・呼吸は吸うより吐くことを意識する!

 

初産のときにこれらを知っていたらもう少し楽だったかな〜と思いました。

 

 

過度に安静にし過ぎない

 

早産の傾向がなく37週を過ぎたら体調を見ながらガシガシ動いた方がいいと思います。

 

お産はとにかく体力勝負!

普段の自分から10kgも重くなって筋力も落ちた身体のままではヘロヘロになります。

 

臨月に入ると動くのも億劫だし、周りからも心配されて『ゆっくりしてなさい』と言われたりするのですが、私は初産のときこれが逆効果だったのかな〜と思いました。

 

 

体重管理(というよりムクミ管理)

 

第一子のときも第二子のときも、体重増加は10kgなのに写真を見ると明らかに体つきが違います。

 

体脂肪を測ってないのでなんとも言えませんが、息子の時の方がムクミが酷く、産後もパンパンなままでした。

 

今回は適度に運動したり塩分に気を付けたり(水分は制限しない)、アロマオイルを使ってセルフケアしていたおかげかムクミは酷くありません。

 

ムクミが酷いと動くのも億劫だし、また過度に運動するとさらに浮腫むため思うように動けなくなります。

またお世話になっていた産院の先生も『妊娠後期は目に見えないところ(体内)もどうしても浮腫んでくるから、体重管理に気を付けて。難産に繋がるよ。』と言っていました。

 

★☆★

 

今回はとっても素敵な助産師さんが担当だったこともあって、一人でもお産を乗り切ることができたと思います。

 

入院生活もあと少し。

 

家に帰ったら慌ただしくなりそうなので、今のうちにゆっくりしたいと思います☺︎

 

わが家の保活を思い出してみる

今年もそろそろ次年度の保育園入園申請の時期が近づいて来ましたね!

 

▼息子の保活時に書いたブログがこちら▼

 

 

 

 

 

わが家の保育園選びのポイントは、とにかく息子が安心して通えること!

 

そのために見学の際には、先生と在園児の言動をよーく見るようにしました。

 

  • 見学に行った時に自己紹介や挨拶はしてくれる?

 

  • その場に居合わせた子供たちも挨拶が出来る?楽しそうに遊んでいる?

 

  • 先生同士や先生と子供たちはどんな風に会話している?

 

 

便宜上、お昼寝の時間や土曜日を見学時間に設定している園もあります。

 

可能ならば在園児が活動している時間に見学したり、土曜保育に来ている子供たちの様子を見てみると良いと思います。

 

あとは先生同士の会話も参考になります。

 

仕事中でも敬語が使えなかったりギスギスしてたり(実際ありますよ、こういう園)という園は辞めました。

 

たまたまかもしれませんが、こういう園の先生は保護者に挨拶もしなかったし、先生が挨拶しないのでもちろん子どもも出来ません。

 

☆★☆

 

わが家は第二子出産に伴い長男が保育園を退園したため、二人分の入園申請をする予定。

 

保育園に入れなかった時のことを考えて、息子は公立こども園の幼稚園部を併願します。

(私の住む自治体では保育園と公立幼稚園の併願が可能です)

 

二人同じ園に通えるのが理想ですが、周りを見ているとなかなか厳しそう…

 

なんとかなりますように!笑

 

 

にわか転勤族の悩み

わが家はなんちゃって転勤族です。

 

夫の会社は転勤はあるものの人によってスパンはバラバラ、行き先は全国どこへでも、希望すれば海外赴任もアリ。

そして昇進すればするほど、異動スパンは短くなる傾向にあります。

 

わが家も今の土地に住み始めてもう5年目、夫は結婚前から住んでるのでもう7年目かな?!

 

そろそろかな〜と思いつつ動きがなく、毎年異動月になると落ち着かない日々。

 

おまけに周りのリアル転勤族はどんどん引っ越していくし、年齢的なものもあるのか旦那さんが転職して地元に戻ったという人も結構います。

 

はじめは地元に帰りたくて仕方なかった私ですが、特に子どもが生まれてからはどうでも良くなりました。

 

ただ定住への憧れは未だにあって、わが子がどこで小学校に上がるのかもわからないこのフワフワ感が時々嫌になります。

 

よくわかんないけど落ち着きたいというか、夫の仕事に家族の生活スタイルを縛られたくないのです。

 

引っ越したいけど転勤だったら勿体無いから辞めておこうとか、家具を買い替えたいけど引っ越すとき大変だから見送ろうとか。

 

一番嫌なのはどうせ持ち家じゃないんだからインテリアなんてこだわらなくていい!という夫の口癖。

 

夫はマイホームを持つのが夢。

いつか来るその時に思いっきり投資したいらしく、今はどうでもいいそうです。

 

でも私はいつか来る夢のマイホームなんかよりも(どんだけ先になるのやら)今!家族が住む環境を居心地よく整えたいのですよ…

 

とりあえず転勤になるか転職するかしなきゃ動くこともないので、住む場所なんかで私の幸せは決まらない!と自分に言い聞かせながら生活してます。

(いや、本当はここに住みたい!永住したい!と思える環境に身を置いた方が幸せに決まってるけど)

 

☆★☆

 

…と、仲の良かった友人家族の転勤が決まりショックで寝付けないのでつらつらと今思うことを書いてみました。

 

ちなみに今日が予定日ですがうまれる気配ナーシ!!!

 

陣痛もいつ来ることやら…

 

 

 

f:id:kaorin-48:20170905231350j:image

 

先日家族で行った鉄道博物館

最近電車にハマっている息子、大喜びでした☺︎

大人も楽しめますよ〜🎶

 

 

子どもと遊ぶのが苦手な臨月妊婦 VS 体力有り余る2歳児の日常

里帰りして早1ヶ月。

 明日から39週に入りますが、まだまだ生まれる気配もありません…

 毎日息子の相手でかなり動いているつもりですが、どうやら予定日通りの出産になりそうです〜

 

突然ですが私は子どもと遊ぶのが苦手です。

身近に小さい子がいなくて遊び方もよくわからなかったし、学生時代に小児科で子どもと遊ぶボランティアをやってましたが彼らと出来る遊びって限られてるし、また別の意味で工夫が必要。

日々体力持て余す男子との遊び方なんて全然知りませんでした。

 

最近気付いたのは身体を動かす+頭を使うことで子供を満足させる&疲れさせることができるということ。

 

はじめはいかに外で身体を動かすかを考えていたのですが、臨月の妊婦や還暦過ぎた両親ではどうにも限界が…

 

というわけで最近では昼寝なし&夜早めの就寝パターンまたは昼寝はどんなに延びても17時までに&ちょっと遅めに就寝パターンで過ごしています。

 

 

ここ最近の過ごし方は…

 

  • 庭でプール&シャボン玉を追いかける

暑く晴れた日はほぼこれで決まり!

こっちもびしょ濡れになるけど、子供の体力を消耗するわりにこっちは疲れないので助かります。

 

  • 涼しい時間に公園で魚の餌やり&三輪車漕ぎまくり

この時期の公園って、蚊がいたり遊具が熱くなってたりと地獄。

朝早い時間なら比較的快適に過ごせるので、遊具+αで遊べる公園に行きます。

 

  • 暑い時間は児童館or支援センター&夕方涼しくなったら散歩

 

疲れてもう体力の限界〜な日は、息子が今まさに夢中なプラレールの出番。

自分でどんどん線路を組み立てさせたりコースを考えてもらっています。

プラレールでは1日持たないので他にも粘土遊び、100均で買ったクレヨン絵の具(クレヨンで絵を描いて筆でなぞると絵の具風になるやつ)でおっきな紙にお絵描きなどで凌いでます。

外遊びしなかった日はまず昼寝しない&夜寝るのも遅くなりがちなので、日が落ちて涼しくなってから少し散歩に出たりもします。

夕飯後だと運良く寝てくれることも☺︎

 

  • お勉強系な遊びで頭を使う

私が参考にしてるのは親勉というメソッドです。

 

勉強嫌いだった私は『息子には少しでも楽しんで勉強して欲しい』という思いがあって、少し前から講座に参加したりして生活の中に取り入れています☺︎

 

最近のお気に入りは特産品の書かれた日本地図と、部首トランプでの魚釣り。

2歳でも結構夢中になりますよ〜

 

実家での生活にだいぶ馴れてきた息子。

産後はどうなるのかが心配ですが、生まれるまでもう少し体力無尽蔵な2歳児との生活を満喫したいと思います☺︎

 

 

わが家のトイレトレーニング

2歳半で昼間のオムツが取れた息子。

 

1歳半頃から気が向いたときだけ家のトイレで子供用便座を使ったり、保育園でトイレに座ってみたりしていましたが本格的に始めたのは2歳児クラスに上がってからのこと。

 

4月の参観会で担任の先生から「3歳児クラスになると水着を着てプールに入るのでそれまでにみんなでパンツにしましょう!」とお話があり、とりあえずパンツ買っておくか〜と息子がどハマりしていたアンパンマンのパンツを購入。

 

 

トレーニングパンツを使った子はオムツ外れが遅くなった、という先生の経験談をもとにトレパンは購入しませんでした。

(高性能過ぎて不快感がないので、オムツ履いてるのとあまり変わらない感覚になるそう)

 

始めるタイミングは全く決めていなかったのですが、息子がアンパンマンパンツをたまたま見つけて『これはきたーい!』と言ったのでチャーンス!とばかりに即始めました。

 

☆★☆

 

とことん付き合えるように&自分の負担が減るように、夫が休みで予定のなかったGW前半に開始することに。

 

保育園の先生にもトイトレ開始する旨を連休前に伝えておきました。

 

準備したのはパンツとおねしょシートだけ

おねしょシートは先輩ママから『パンツに馴れると寝るときオムツを履きたがらなくなるので用意しておくといい』と聞いて購入しました。

 

シングルサイズの布団用と子供サイズの布団用を購入。

▼こういうのです▼

 

☆★☆

 

初日は起床後の息子に「お兄さんパンツ履いてみる?」と聞き、トイレに座ってからパンツへ履き替えました。

 

排尿間隔が2〜3時間空けばトイトレできる、と聞いていたので排尿間隔や食事のタイミングなどをメモしておきました。

 

はじめはそれこそ5分もしないでお漏らし連発!

正直くじけそうになるくらい^^;

 

パンツを4枚しか購入していなかったので、漏らしては洗濯するの繰り返し…

(こうなるので友人は真夏にすっぽんぽんにしておいたと言ってました)

 

しかし初日の夕方ごろから徐々に間隔が延び始め、2日目の昼間は車で買い物にも行きました。

 

車に乗るときは念のためチャイルドシートに防水のオムツ替えシートを敷いておき、着替えやオムツも多めに持参。

子供用トイレのあるショッピングセンターに行ったので頻回なトイレコールにも慌てずにすみました。

 

4日目からは帰省の予定があり車に最低2時間は乗らなくてはならなかったため、本人に説明してオムツを履いてもらったのですが、尿意を感じるとオムツを履いていても『おしっこ〜!』というようになっていて感動しました。

(携帯トイレも持参しましたが、結局SAのみで済みました)

 

結局1週間ほどで昼間はパンツになり、夜間だけは「寝てるとオシッコしたいってわからないから、プーさんパンツにしようね」とオムツを履いてもらいました。

 

その後は遊びに夢中で間に合わなかったり、興奮して飛び回ったりしたときにお漏らしすることはありますが、それほど失敗はなかったです。

 

ポイントはとにかく褒める!そして叱らない!

 

これに尽きると思います☺︎

 

《お兄さんパンツ、かっこいい〜!》

《トイレで出来たね!すごいね〜!》

 

などなど、あらゆる言葉で褒めて、粗相しても絶対に叱らない。

 

根気がいるのでママが負担少なく出来るタイミングを狙った方がいいと思います。

 

☆★☆

 

2歳児クラスになってからの担任の先生には『11月生まれだからまだ早いかな〜と思ってたけど出来たね!』と言われましたが、前年度からお世話になっていた先生には『トイレに座るとオシッコ出てたから早いかな〜と思ってたよ!』と言われました。

 

息子の場合はトイトレ前にトイレに行く習慣をゆるーくつけていたことと、トイトレしたくなるきっかけがあったことが良かったのかなと思いました。

 

これからトイトレに挑む方の参考になれば幸いです☺︎